マリリン・モンロー写真8 x 10フォト

マリリン・モンロー写真8 x 10フォト

ー 半世紀経った今も健在のセックスシンボル ー  プレイボーイ創刊号の表紙を飾り、ハリウッド大女優となったマリリン・モンロー。3回の結婚にケネディ大統領との不倫と華やかな話題は尽きませんが、2017年に亡くなったプレイボーイの創刊者は、マリリンの隣の墓地を7万5000ドルで購入し、そこに埋葬されたというから、その求心力(?)たるや半端ないです。

データでは身長164cm、体重53kg、B94 W61 H86とのこと。豊かなバストが取りざたされますが、やはりくびれがあってこそ、ですね。キャライメージとは異なり、実は頭脳派の戦略家タイプで半世紀以上前なのに食事や筋トレでボディメイキングしていた、という説もあるらしく。。たしかに写真で見るボリュームでバストトップやヒップの位置を維持するには、それらを支える筋肉が必要そうです。

ー くびれには大腰筋を鍛える ー  日本人は人種的に筋肉量が少ないと言われ、スタイルを整えるには、カロリーコントロールが効率的と言われます。確かに使う以上に貯金をしていてはどんどん貯まる一方、というお金なら嬉しい悲鳴になるところですが、かと言って体脂肪が低ければ理想的な体型になるとは言い難い。また、脂肪と一緒に筋肉まで落としてしまっては健康にも支障が出ます。

猫背で下腹ぽっこり、姿勢の悪さから骨盤がゆがみ、疲れやすく冷え性で筋力が委縮していることで脂肪が付きやすい。そんな悪循環から抜け出すためには、適切な筋力を身に着けること。そして、姿勢を正しく保ち、脊柱に沿って走っている自律神経や脂肪細胞を分解する働きのある交感神経とも密接な関係があると言われる大腰筋(背骨から足の付け根を結ぶ筋肉)を整えるのがくびれの一番の近道だとか。。

ー ぽっこりお腹に腹筋は非効率! ー  残念なお知らせです。どうも腹筋はお腹の脂肪を落とすのにはツライだけで効果がないらしいです。そして筋トレによる部分痩せ、というのもなさそうです。「体脂肪の増減は部分的ではなく体全体で行われる」とのこと。(35歳からの美女の筋トレ 石井直方著より)石井筋肉博士によると腹筋は体の一部しか使わない運動であるため、何時間やってもお腹の脂肪が直接エネルギーとして使われることはないのだそうです。

で、注目の「大腰筋」を鍛えるとなぜ、ぽっこりが解消されるのか!?

体全体の筋肉量を増やし基礎代謝量を高める、美しい姿勢を維持する筋力を身に着けることで猫背、ぽっこりが解消し、骨盤が傾いていることにより緩んだお尻の筋肉を引き締めることで、たるんだヒップからもおさらばできる!

これに必要なのが引き締まった大腰筋なのです。

ー Let’s 大腰筋エクササイズ ー  インナーマッスルを鍛えるエクササイズはいくつかあると思いますが、理論もふくめて判り易く解説されている「35歳からの美女の筋トレ」を一読していただけるとそのロジックの理解と実践の両方ができておススメです。

35歳からの美女の筋トレ 石井直方著

35歳からの美女の筋トレ 石井直方著

書のなかで紹介されている基本のトレーニングは2種類(モモあげ足踏みとレッグレイズ)。腰痛がある方や体力に自信のない方のための回避策も掲載されてますので、自分に合ったトレーニングが見つかりそうです。

ここでも正しい姿勢で呼吸と筋肉の動きに注意を払ったスローな動作がポイントとなります。

1回に必要なエクササイズの時間は15分程度、毎日やらなくても1日おきでも有効だとのこと。逆にオーバーワークにならないように気を付けて継続することが大事です。そうやって大腰筋を鍛えつつ、普段の姿勢や歩き方立ち方座り方を美しくすることで、自然と筋力を育て若々しく維持することが可能となります。

日々の自分の所作動作で筋トレできるのなら一番効率が良いです!さらに体型も美しく整うとしたらやらない手はないでしょう。

書の中では、正しい(美しい)姿勢を保つための注意点の他、基本エクササイズが余裕な方向けの追加エクササイズも複数紹介されています。